賃貸物件の入居申込みとは

賃貸で資産形成を考える

日本は、ようやくデフレ不況を脱却しつつありますが、かつてのような高度経済成長は望むべくもなく、低成長時代に入りました。給与も、以前のような右肩上がりの時代ではなくなり、老後の生活の糧となるべき年金額も減額され、その支給開始年齢も後ろ倒しされるなど、厳しい時代に直面しています。消費税アップなど、家計への税負担も年々増加し、インフレによる物価高も予想され、生活がますます厳しくなることが予想されます。そうした中、自分で資産を殖やしたり、資産を守ることが必要になってきます。

投資という選択が必要になってきますが、たくさんの資金があるわけではありません。少しでも利回りがいいものを探したいと思いますが、その一方で安全性が高いものについても投資をする必要があります。最近、物件を購入して、それを賃貸して、その家賃収入で物件のローンを完済し、そこで残った賃貸住宅を売却してその利益を得ようというものです。ただ、少子高齢化が進む中、不動産に余剰が生じるかもしれませんし、その結果家賃収入が不確実なものになる可能性もあります。場合によってはローンだけ残るということにもなりかねませんので、慎重に投資の方法を見極めたいと思います。