賃貸物件の入居申込みとは

バンコクでの賃貸契約の簡単さ

バンコクで賃貸の契約をしようと思ったら、とても簡単に出来ることにびっくりするかもしれません。タイ語か英語が話せるなら、オーナーと直接話をすることが出来るので、日系の不動産会社への仲介料を払ったり、契約後もいちいちめんどくさい連絡などは一切ありません。パスポートと、デポジットさえ用意できれば、すぐに契約を結ぶことが出来ます。

まずは、自分の好みの物件を探します。たくさんのコンドミニアムやアパートもありますし、賃貸専門のサイトなどもあり、エリアから探してもかなりの物件を調べることが出来ます。写真と実際に見たのでは、広加算殿感覚がかなり異なるので、物権を絞ったら実際に見に行くことをおススメします。突然でも問題ないし、オーナー本人を連絡が取れるようだったら、アポイントをとったほうがいいかもしれません。

契約を決めたら、デポジットを払います。現地人だったら、だいたい2ヶ月分ですが、外国人だったら3ヶ月分になることが多いです。だいたい1年契約からのスタートになり、1年以上住んだあとに引っ越すことになったときは、契約時に支払ったデポジットが帰ってきます。そのときに、掃除代として500バーツくらい払ったり、どこか壊れたところがあったりすると、デポジットから引かれます。この時に、せこいオーナーにひっかかったりすると、ちょっとごみが溜まっていたり、窓枠が古くなっていたりというあまり関係のない部分のお金まで取られるので、運が悪かったと思うしかありません。