賃貸物件の入居申込みとは

賃貸物件の入居申込みとは

住みたい賃貸を見つけたら、家主に「この部屋を借りたい」という意思を示すために、「入居申込み」をします。申込みをするのは正式な契約は違うので、申込みをしたあとに取り消すのは自由です。「気に入ったけどもっと他の部屋も見てから決めたい」と思ったら、とりあえずその部屋の仮り予約という意味で入居申込みをしておいて、他の物件の見学をすることもできます。他にその部屋を借りたいという人が現れても、入居申込みをしておくことで先に借りられるのを防ぐことができます。

ただし、物件によっては入居申込み金が必要な場合もあります。申込み金はキャンセルする場合は全額返金してもらえます。また、何件も入居申込みをしておいて、結局どこも借りないなんてことになると、不動産屋にとってはとても迷惑になります。その部屋を借りたいという人が他にもいる可能性があるので、なるべく早めに決断することが大切です。また、家賃の値下げ交渉や、敷金や礼金などの交渉、部屋の設備や内装などのリフォームの希望など、様々な交渉事は、入居申込みをする前にすることです。入居申込みをすると家主による審査があります。審査は家主によって厳しい場合とそうでもない場合があります。

話題になっているハナシ。下記でチェック